国宝 閑谷学校と銘木 櫂の木紅葉

閑谷学校は、寛文10年(1670)備前藩主池田光政が創設した庶民教育の殿堂である。この講堂は元禄14年備前藩主池田綱政が完成させたものである

中国・孔子廟より持ち帰られ、移植された学問の木「櫂の木」。毎年11月第2週はライトアップもされる。
(H22年のライトアップは国文祭との同時開催で、11月7日で終了しました)

重要文化財 校門

聖府の正面に建てられたもので、閑谷学校の校門である。扉を開閉するときの音が鶴の鳴き声に似ているので鶴鳴門ともいう。両袖に付属屋があり中国の形式を模している。
元禄十四年(1701)の造営である。

重要文化財 石塀

閑谷学校の敷地を1周し渓流に沿い山腹をめぐって756メートルにおよんでいる。形の異なった石を巧みにはぎあわせた打込みはぎ式の石築きで元禄十四年(1701)に完成した。中味には洗浄した割栗石をつめ雑草木を生やさぬように築造されており三百年を経た今日、豪宕して端然たる姿勢を正ている。


特別史跡 閑谷学校パンフレットより抜粋

 1666年(寛文6)備前藩池田光政は和気郡木谷村の北端延原の静寂な山ふところを見て、庶民のために一大道場建設を思いついた。そして同8年この地に手習所を設け、10年から重臣津田永忠によって本格的な工事にとりかかり、地も閑谷(しずたに)と改められた。
 この建造物の特色は、第一にすべて屋根瓦に備前焼を用いていることである。その為にわざわざ近くに窯を築き、伊部から陶工を呼んで焼いた。その結果全体がいかにも儒学の殿堂にふさわしい雰囲気を醸し出している。第2に学校の周囲に765メートルに及ぶかまぼこ型の石塀をめぐらしていること。これも中国の唐様をまねたもので石積みが精密を極め全体によく調和している。第3に建築材料はけやき、くすのき、ひのきであるがよく吟味され、主要な建造物は黒漆またはふき漆に仕上げてあり、講堂の床板などは現在でも鏡のように光っている。

指定物件

特別史跡

旧閑谷学校
附 椿山、石門、津田永忠宅跡及び紅葉亭

国宝

旧閑谷学校講堂 1棟
 附 壁書   1枚
   丸瓦   1枚

重要文化財

旧閑谷学校   5棟
講堂(附 壁書・丸瓦)、小斎、習芸斎及び飲室、文庫 効門(附 左右練塀)

旧閑谷学校聖廟 11棟
大成殿、東階、西階、繋牲石、中庭、外門、練塀、文庫、厨屋、石階、校門(鶴鳴門)(附 左右練塀・石橋)

閑谷神社 8棟
本殿(芳烈祠)、幣殿(階)、拝殿(中庭)、中門(外門)、神庫(庫)、石階、練塀、繋牲石

旧閑谷学校石塀(附 飲室門)


お食事処衆楽館3 閑谷店 閑谷学校正面にオープン!!

閑谷学校ホームページへ

交通

備前市伊部東交差点より国道2号線東(備前インター方面)へ約7K。木谷交差点左折(北へ)4K。伊部町中、衆楽館より車で約15分。


閑谷学校前で、備前焼陶芸体験(土ひねり)やお食事もできる衆楽館ホームページ


お問い合わせ
備前焼販売店『衆楽館』
有限会社備前 メディアネット
WebMaster    武用 健
岡山県備前市伊部597
TEL 0869-63-1019
FAX 0869-63-9107
E-mail:webmaster@culture.co.jp